先行技術の調査(検索)

特許は発明を保護し、実用新案は考案を保護する事は皆さんの良く知るところだと思います。特許と実用新案の相違はさておき、発明相談をされる場合に、ここでは特許の重要な点を列挙いたします。
@特許法第2条で『発明とは、自然法則を利用した技術的創作のうち高度なものをいう』と定義しています。
つまり、自然法則に反する永久運動に関するものなどは、特許されません。
A発明を思いつくと心情として他人にその内容を話したくなりますが、この行為は特許所得する上で大きなマイナスとなります。他人やその他人を介して別の他人が特許出願をしてしまったり、後日「新規性」が無いという理由で特許無効となるおそれがあるからです。
その他新規性が無くなる場合には、市場に製品を出して反応を見てから出願するケース,インターネット,新聞,カタログで発表してから出願するケースがあいますので注意が必要となります。
当事務所での先行技術調査は、出願前に先行する類似文献の有無の調査を出来るだけ低廉な価格で行います。
開発された発明、考案など類似する技術や参考技術が速やかに調査でき、先行技術を事前に確認できますので無駄な出願を防ぐことができます。

ページの先頭に戻る

発明の技術内容鑑定

お客様が発明・考案された技術内容を、専門技術者が公知、公用の技術か、先行技術に抵触しないか、従来技術との相違点等を判断し、お客様の立場に立ってアドバイス致します。
お客様から得た情報は、他に漏洩することはありませんので、ご安心してご依頼、ご相談ください。

各種リンク