商標調査について

商標出願を行う場合は、出願前に必ず特許庁で商標調査を実施を行い、”商標の国際分類表”に基き類似する商品区分毎に、既に同一又は類似となる商標が登録商標となっていないか、あるいは出願済ではないかという事を調べる必要があります。
それは、”称呼”について商標調査を実施した結果、”称呼”が同一あるいは類似の登録商標あるいは出願中の商標が見つかった場合には、その登録商標が引き続き3年以上不使用であるなど特別の場合を除き、出願をしても拒絶されるため事前の商標調査は重要です。